• 口臭対策

ヨーグルトに配合されている乳酸菌の種類

お腹の健康を整えてくれる健康食品の代表的なものとして、乳酸菌を使った発酵食品があげら れます。
漬物やなれ寿司などもありますが、最もポピュラーで人気の高いヨーグルトについてまとめてみました。

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、腸の働き全般を活性化してくれる成分です。
その種類や型が豊富にあり、最近では型の違いによる効果の大きな分野がわかってきたものもいくつかあります。
今回は、代表的なヨーグルト商品の箱書きに書いてあった乳酸菌の種類をいくつか取り上げてご紹介します。

  • ビフィズス菌: 人の腸に住む善玉菌。
  • トクホに指定されている。

  • 乳酸菌シロタ株: 通称ヤクルト菌。
  • 生きたまま腸までいく。

  • LGG乳酸菌: 40ヶ国以上で使われている生きたまま腸まで届く菌

  • KW乳酸菌: 免疫力を高める。
  • 花粉症や食物アレルギー、アトピーの人向け。

  • カゼイ菌: 口内の悪玉菌を抑える。
  • 歯周病や口臭予防に効果的

  • ブルガリア菌&サーモフィラス菌:古代からある菌。
  • 混合すると短時間で増殖。

  • ガセリ菌: 腸内に長く留まることが確認された菌

  • LG21乳酸菌: 胃のピロリ菌(悪玉菌)を抑制する。

  • 1073R-1乳酸菌: 風邪やインフルエンザ菌を抑制する可能性あり。

  • クリモス菌: 酸素を嫌う菌。
  • 血液サラサラ効果が期待されている。

  • プラズマ乳酸菌: 風邪やインフルエンザ他感染症の症状を緩和する。

  • フェカリス乳酸菌: 球状の小さな菌。
  • 多数の菌を摂取するのに向く。

  • L-55乳酸菌: 花粉症予防にいい菌。
  • アトピー改善効果も期待される。

  • ラブレ菌: 植物由来の菌。
  • インフルエンザ予防効果がある。