• 口臭対策

乳酸菌で腸に届くとは

腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の力を抑制する効果を持つ乳酸菌そのものも、既に腸内に存在している常駐善玉菌の一種です。
ストレスや暴飲暴食などですぐに増えてしまう悪玉菌に対して、善玉菌は意識してせっせと供給しないとなかなか増やせません。
そこで、乳製品や漬物類など乳酸菌の含まれる発酵食品をたくさん食べましょう、という話題になるわけです。
が、実は口から入れる乳酸菌は、胃酸で多くが死んでしまうので、実際は生きたまま大腸にまで届くものはとても少ないと言われます。

そこで、食品やサプリメントのメーカー各社は、なんとか生きたまま腸まで届けられる菌の入った食品作りを目指して、熾烈な競争をしています。
乳酸菌を腸まで溶けないカプセルに詰めたものを混入したヨーグルトやサプリメントや、酸に強い菌の開発が行われました。
もともと入っている菌の数を物凄く多くして、運よく最後まで生き残るものが出るようにした製品もあります。

ヨーグルトなどでは、特定保健用食品(トクホ)指定されたものの多くが「腸まで届く乳酸菌入り」です。
このマークが「腸まで」の証明のようになっています。
また、植物系の菌のほうが強いという説もあり、漬物や味噌の乳酸菌は腸まで届く確率が乳製品より高いと勧めている情報もありますが、実際に調査されたデータは今のところ見られません。

そんなに必死に「腸まで」を目指して頑張っているにも関わらず、実は、死んだ菌も、食物繊維として整腸作用を行う効果にはあまり変わりはない、という調査もあります。
また、外から入ってきた乳酸菌もたとえ生きていようが死んでいようが、既に住み着いている菌と入れ替わって腸内に留まることはできず、結局腸の先に排出されてしまうそうです。
それでも腸内にいる間は、整腸作用http://www.pyamf.org/kyounaikannkyou.htmlに役立つので、メーカーや専門家は、少量の発酵食品を毎日続けて摂取する習慣を付けることが大事である、と勧めています。