• 口臭対策

乳酸菌サプリメントのランキング

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、腸の働きを活性化することで、身体の様々な機能の向上を図り、体調がよくなったり、肌の調子も上がったり、ダイエットの意欲や効果も増したような気がする・・・・そんないいこと続きで副作用のほとんどない乳酸菌成分を使ったサプリメントが、最近注目を集めています。
乳酸菌というのは、乳酸を生成する発酵食品に使われている菌の総称で、乳製品だけでなく、漬物や味噌・醤油などに使われるものも含まれます。
また、ヨーグルトや発酵乳に使われるものだけでも、様々な型や種類があり、その個々の効果についても、日々研究が進められています。
LG21という型の乳酸菌で作ったヨーグルトには、胃腸内にいる悪玉菌のひとつピロリ菌を抑制する効果があると認められいることは、皆さんよくご存知でしょう。

最近開発の進むサプリメントにも、様々な型の乳酸菌製品が溢れ、どれがいいのかわからないくらいです。
多くの人の支持を集める商品ほど効果や信頼性も高いものですから、ネット販売サイト等が出している売れ行きランキングも参考になるかもしれません。
最近の傾向を見ると、上位商品の共通する特徴は「生きたまま腸まで届く乳酸菌」商品という点です。
そのままでは多くが胃酸で死滅する乳酸菌ですが、整腸作用の働きは死んだ菌でも同じような効果があるという研究もあります。
にも関わらず、「生きたまま」がやはり物凄い流行のようで、メーカー各社は商品開発にしのぎを削っている模様です。

乳酸菌の種類で人気が高かったのは、長い間ビフィズス菌でしたが、最近はこの「生きたまま」のキーワードにより、腸内到達率の高い型の新しいものや、それまであまり上位には上がってこなかった植物由来の商品も上位に入ってくるようになっています。
乳製品の乳酸菌よりも植物由来のほうが酸に強いそうです。
とはいえ、新しい商品や具体的な効能については、まだまだ研究開発中のものも多く、商品の宣伝文をよく読んで、効果が「実証されています」なのか「期待されています」なのかの見分けはしたほうがよさそうです。

今注目の効能や好まれるイメージが、ランキングを見ているとよくわかります。
あくまでも参考にしかなりませんが、商品にお迷いの人は、ちょっと見てみるのも面白いでしょう。