• 口臭対策

乳酸菌摂取のメリット

乳酸菌は乳酸を作り出す菌の総称です。
ビフィズス菌やヤクルト菌など、ヨーグルトや乳酸菌飲料の乳酸菌だけでなく、漬物やなれ寿司を発酵させているのも乳酸菌です。
昔から、世界各地で乳酸菌を利用した発酵食品が作られてきました。

発酵食品のメリットは、酸味のある独特の味わいや香りを作ると共に、食品を酸性にすることで、微生物の繁殖を抑えて、腐敗や食中毒を防止する効果が生じます。
冷蔵庫のない時代、生活の知恵が生んだ常備保存食のひとつが乳酸菌発酵食品だったのです。

長い付き合いの中で、人類は乳酸菌の入った食品には、いろいろな健康促進効果があることが実感としてわかっていました。
近代以降、その効果を裏付ける科学的な分析が進み、その有効な成分を利用して、化粧品や医薬品も作られるようになりました。

発酵食品の最も大きな働きは、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を程よく抑制してくれる整腸作用です。
腸内環境を身体にいい状態に保つことで、様々なメリットが生れています。

悪玉菌が多いと、腸内で様々な毒性物質が作られてしまいます。
これは、身体全体の免疫力の低下に繋がります。
また、作られた毒性物質は肝臓に運ばれます。
そこで肝臓による解毒機能が働きますが、毒物が多いと肝臓に負担がかかり、エネルギー物質の産生などの肝臓機能がダウンしてしまうこともあります。
肝臓が疲弊すると、身体全部の機能も停滞し、疲労が回復せず、いろいろな不調をきたします。
乳酸菌摂取のメリットは、腸内環境をよくして免疫力を上げ、肝機能を向上させ、それに関連して、アンチエイジングや疲労回復、冷え性改善、虫歯の予防、がん予防・・・などなど多くの健康が生み出されることです。