• 口臭対策

自分の環境に欠かせない乳酸菌

人は昔から、様々な形の発酵食品を作り、食べてきました。
発酵技術は、冷蔵庫のない時代、食物を保存して食べるための知恵の一つでした。
発酵させることで酸っぱい風味になるものは、乳酸という物質が生成される菌による発酵食品です。
キムチやぬか漬け、ドイツのザワークラウトなどの漬物は、全て乳酸菌発酵食品です。
味噌や醤油や塩糀を発酵させているものも乳酸菌です。
なれ寿司もそうです。
日本人は、昔から、しっかりと和食の中に乳酸菌を根付かせていました。

乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌の働きを抑えて腸内の環境を整える働きをします。
腸内環境が良くなると、便秘も解消され、体内の他の臓器の活性化も促進されるため、身体全体の様々な機能を向上させます。
疲労回復や新陳代謝も促され、健康で元気な身体を作ります。

そんな整腸パワーを持つ乳酸菌ですが、腸内にずっと留まることはできずに排出されてしまうため、毎日発酵食品を摂る習慣を続けることが、健康維持にとって大切です。
最近、日本人の食生活も欧米化し、更に外食や一人で簡単なインスタント食で済ませる食事も増えてきており、発酵食品に囲まれた和食生活が遠のいてしまった人も多いかもしれません。
ヨーグルトやチーズなどの発酵乳製品も乳酸菌ですから、食事の際は意識して発酵乳やヨーグルトを摂るようにするだけでも、健康の面では随分違ってきます。
無理のない形でご自分の環境に合わせて、「毎日欠かせない乳酸菌」の習慣をつけるようにしてみてはいかがでしょうか。