• 口臭対策

乳酸菌が配合されている物

人類は世界各地で昔から様々な発酵食品を作って生活に取り入れてきました。
食品の成分と化学反応を起こして乳酸を生成する菌の総称を「乳酸菌」と言います。
飲料やヨーグルト・チーズなどの乳製品だけでなく、キムチやピクルス、ザワークラウト、ぬか漬けなどの漬物類、味噌・醤油・塩こうじなど、なれ寿司も乳酸菌を使って作られる発酵食品です。

実は乳酸菌は腸内にももともと善玉菌として存在しています。
食べ物にあるものとはまた別の種類の乳酸菌も乳製品と同じものもいます。
口から入れる乳酸菌は、多くが胃液で死滅してしまいますが、菌の死骸そのものも、腸内の環境改善にいい働きをするので、やはりせっせと発酵食品を食べることはいいことです。

生きたまま乳酸菌が入っている食品のことをプロバイオティクスといいます。
ヨーグルトなどはその代表ですが、同じヨーグルトでも、菌の型が違うと、その特徴や働きも随分と異なるもののようです。
最近では、目的別にどの型の乳酸菌が効くか、それぞれ個性があり、自分に合う製品を選ぶ人が増えています。
また、研究が進んで、胃で死滅せずに腸まで届く乳酸菌もいろいろ開発されています
また、乳酸菌レシピも多く存在しますので楽しんで摂取することができます。
ヨーグルトには特にその効果が詳しく書いてあるものが多いので、店先でパッケージをよく見てみてください。