• 口臭対策

悪玉菌が齎す身体への影響

乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の活動を押さえる働きをします。
乳酸菌によって腸内環境が整い、様々な身体にいいことが起きます。
ならば、いっそのこと、薬か何かで悪玉菌を全部殺してしまい、腸内全部善玉菌にしてしまったら、きっと無敵の健康体になることでしょう。
と、思ってしまいそうですが、実は悪玉菌にもちゃんと存在の理由と役割があるのです。

悪玉菌とは、腸内で消化しきれずに残った食べ物を腐らせる菌です。
この時、アンモニアや硫化水素、インドールなどの有害物質が生み出されます
これらの物質が持つ毒性によって、神経が刺激されてイライラしたり、肝臓の機能が低下したり、などいろいろと身体の不調が起きます。

しかし、赤痢菌・サルモネラ菌・病原性大腸菌・コレラ菌・・・などなど生命の危険に及ぶような本当に怖い悪玉菌が体に入ってきた時に、これらの菌と戦ってくれるのが、腸内にいる悪玉菌たちなのです。
また、普段から適量の悪玉菌を腸内に飼っておくことで、人間の身体は免疫力を高めるように働きます。
ウェルシュ菌(肉について体内に入る菌)、ブドウ球菌(大量にあると食中毒になる菌)、毒性大腸菌など、そこそこの強さの悪玉菌がいることで、その毒素に打ち勝つため、身体は頑張って免疫を作ろうとします。

最近、赤ちゃんが生まれて育つ過程で、あまりにも抗菌が行き届きすぎるため、腸内にまったく大腸菌のいない赤ちゃんがおり、アトピーなどの問題を抱えている子が少なくないそうです。
人間が免疫力を常に鍛えておくためには、腸内の善玉菌と悪玉菌がバランスよく存在してくれることが大切です。
乳酸菌の整腸作用は、そのバランスを整える働きをしてくれるのです。